【ネタバレ注意】ガラスの仮面第2巻その⑨【熱が40度・・・】

      2016/07/31

Pocket

劇団つきかげの創立第一回公演「若草物語」が初日を迎えた。

「若草物語」ガラスの仮面・劇中作品データ

客席には姫川歌子・亜弓親子。
大都芸能の速水真澄、劇団オンディーヌの演出家小野寺一。
その他女優や記者、評論家など関係者ばかり。

上演のベルが鳴り月影千草が壇上挨拶を始めるとフラッシュの嵐。

「うっ 記者がなぜこんなに!?」

さすがの月影先生もうろたえる。

「邪魔者は消せということですよ。」

すべては速水真澄の策略だった。
記者達を煽り、評論家達を呼び寄せ、
劇団つきかげを再起不能なほどにこき下ろし、
息の根を止めるというものだった。

父親譲りの仕事の鬼っぷり。

「人間的な暖かい血がその胸に通うことはないのかね?
 君に憧れている女優達も多いというのに」

「ははは冷酷な鬼が誰かを愛してはおかしいでしょう。」

小野寺と真澄の会話が、速水真澄の鬼っぷりをさらに引き立てる。

一方、関係者だらけの観客を見て緊張する劇団員達。
マヤはとりわけ青い顔。
グラスを落として割り、立ち上がるとよろめき、
他の劇団員達も心配する。

幕が開いた。
客席ではかつて月影千草の内弟子であり、
紅天女を虎視眈々と狙っていた姫川歌子。
そして仕事の鬼速水真澄。
舞台袖では月影先生。

「速水真澄。小野寺一。わかったわあなた達の魂胆が。」

そんな月影先生に話しかけるのは不遇の寄宿生・春日泰子だ。

「マヤちゃんのことでお知らせしたいことが。
 熱が40度あるんです。
 黙っていてくれって言ったんです彼女。
 でもお知らせしておいた方が・・・と」

「熱が40度・・・」

舞台袖で花束を落とす音。

「本当ですか、それは?」

差し入れを持った桜小路優だった。

ツッコミどころは非常に多い。

まず同じ舞台人とはいえ、舞台袖まで他団体の俳優が入って来れるものなのか?
そして月影先生、一緒に住んでいるのにマヤの容態に気づかなかったんか?
そして春日泰子。
黙っていてくれと言われたが、お知らせしておいた方が・・・て
上演開始後に言うなら黙っておいた方がましやわ。

そんな舞台袖はさておき、若草物語は上演されて行く。
とりわけ目立つのはジョー役の青木麗。
客席では少年の女装疑惑も持ち上がるほど。
マヤは熱のせいか頭がくらくらして台詞を飛ばす。
客席では酷評。
というか上演中にしゃべるな。

一方ロビーで出会った姫川亜弓と桜小路優。
亜弓は冷水機で水を飲んでいた模様。
上演開始直後や。席にいとけ。
しかもセレブなんやから水道水飲みにくるな。

客席に戻る亜弓。

「おそろしいわ・・・あの子」
「あの子がどうか?」

そうつぶやいた亜弓に訪ねる真澄。

「あの子病人よ。
 40度の熱を出しながら平気な顔で舞台に立っているのよ。」

衝撃の真澄さん。以下かなりの長い独白

「40度の熱・・・まさかあんなに明るい笑顔なのに
 しかし病気だなんてみじんも感じさせない
 なんて子だ・・・・
 なぜそこまでやるんだ?
 その笑顔の仮面の裏に
 様々な苦しみや悲しみを隠しているというのか?
 一体何が・・・?」

一体何がって、役づくりで雨に打たれて高熱。
苦しみ悲しみって真澄さん勘ぐり過ぎ。
そして早速人間的な暖かい血がその胸に通い、
冷酷な仕事の鬼設定が崩壊した。

一方舞台上のマヤ、ミルクの壷を落として割ってしまう。
舞台上で固まるマヤと出演者。
そして客席で固まる速水真澄。

お前は固まらんでよし。

第三章に続く。

 - あらすじ・ネタバレ注意, 第2巻・炎の階段