【ネタバレ注意】ガラスの仮面第5巻その⑨【木が動きますか!】

      2016/09/24

ガラスの仮面・第5章
Pocket

古びた教会を借りることができ、
無事稽古場を確保した劇団つきかげ。
今日もハムレットを題材に厳しい稽古が繰り広げられている。
オフィーリアを代わる代わる演じる劇団員達。
影の薄い春日泰子さんも熱い演技を披露する。

この稽古の成果が本番で披露されるシーンを、
残念ながら読者は見ることが出来ない。

別の日の稽古ではバナナの皮で滑った人を見て笑う芝居。
別の日では寸劇。
バリエーション豊かなエチュードを展開する月影先生の指導力。

そして稽古が終わり疲れ果て、アパートにたどり着くと、

「アパートに入る前に演技動作をしてもらいます!」

と先生の鬼の指導は止まらない。

「これは幽霊屋敷の扉!さあ、麗開けて!」

先生の突然の無茶ぶりも無難にこなす麗。

「次マヤ!職員室の扉!」

これもあっさりOKが出る。
先生と同居していれば気の休まる暇もなく、
次々と指導が入るマヤと麗。

部屋で寝ていたマヤがふと目を覚ますと先生の姿はない。
探しに行くと、先生は一人夜の公園にいた。
話題は日々の暮らしや学業アルバイトとの両立から紅天女へ。

「先生、紅天女ってどんな役なんですか?」

「マヤ、木になってごらんなさい。」

「え?」

「言われた通り早く木になってごらん!」

軽い質問に答えることもなく、いきなり怒られ演技を命じられる。
やはりこの先生、気の休まる暇はない。
そして言われた通り、何となく木の芝居をするマヤ。
すると

いきなり石を拾い上げ、華麗なサイドスローから豪速球。
もちろんマヤ慌ててかわそうとするも、右肩に直撃。

「マヤ!木が動きますか!悲鳴を上げますか!」

鬼の指導。
以下抜粋。

・紅天女は自分が人間だということを忘れて初めて演じられる
・今演じられる人は一人もいない。
・今のマヤではまだまだ
・多くの経験を積んで磨きなさい。

石の豪速球から紅天女トーク。
理解の出来ない流れにマヤの質問が爆発する。

「先生、教えてください!
 紅天女は一体どんな人間なんですか?」

「紅天女は人間ではありません。
 紅梅、梅の木です。」

答えになっているようで答えになっていない。
そしてマヤが初めて紅天女を強く意識した時であった。

 - あらすじ・ネタバレ注意, 第5巻・あした草(1)