【ネタバレ注意】ガラスの仮面第9巻その②【さようなら。キャシー・・・・】

   

Pocket

「石の微笑」は大好評のうちに千秋楽の前日を迎えた。

終演後にもかかわらず劇場前は人だかり。

「麗さま!握手して」

多数の女性ファンに囲まれて困惑する青木麗。

「僕たちここの劇団に入りたいんですけど・・・」
「ようし。今度の日曜にテストしてやる。」

ここ数日の大入りのためか、かなり上から発言の劇団一角獣堀田団長。

そしてマヤにもお客様が。
「嵐ヶ丘」にてマヤと共演して以来というもの、
キャシーの幻影に囚われすっかりおかしくなってしまった真島良である。

「毎日見に来てたんだよ。気づいてた?」

ストーカーやん。
完全な狂信的ファン心理に基づく発言。

「ええ」

と返事するマヤの背後に「ええ、ヒースクリフ」とキャシーの幻影を重ねる真島良。

頭おかしい。

そして二人は喫茶店にて雑談。
今後の事、高校進学の事、進学を援助してくれたファンの事。

「うらやましいなあ。そんなファンがいて。」
「やだあ。真島君なんかファンがいっぱいいるでしょ!」
「そんなことないさ。僕自身誰かのファンだったりするもの。
毎日君を見に来てる・・・
つきあってくれませんか?ぼくと」

何のことのない会話から一気に告白へと持ってくこのスタイル、
真島良のトークセンスはなかなかのものである。
その突然の告白に当然戸惑うマヤ。
しかし百戦錬磨の真島君は一気にかぶせる。

  • 舞台の上のキャシーは僕の理想
  • 今まで知り合った女の子とは違う
  • やさしさと愛情が激しさとなって感じられる君のキャシーに惹かれた

結局舞台上のキャシーの幻影を追いかけていることを告白する。

  • 真島君には由紀さんという素敵な人がいる
  • あたしは何のとりえもないつまらない子
  • 舞台の上のキャシーとは違う

とまどいながらも答えるマヤ。
キャシーに惹かれたという切り口は失敗だったようだ。

  • キャシーの面影を求めている僕はバカだ
  • 舞台の上の君が好きだと言わずにはいられなかった
  • 舞台の上の君のキャシーに恋していた
  • 誰か好きな人でもいるの?

もうひと押しすれば落ちそうにも関わらず、深追いはしない。
真島良の作戦負けである。
そしてうなずくマヤ。

「そうか。初めて振られたな。」

ただただ謝るマヤ。

「いいよ謝らなくて。どんな人?」
「ええ。とても優しくて親切なの。
いつも私の事を気にかけてくれるの。」
「それは恋なの?」
「恋!?」

真島良のこの質問は実に的確である。
優しい、親切、気にかけてくれる、いずれも桜小路くんからの気持ちやアクションであり、
マヤが彼に対して何を思ったか、何をしたのか、という点がわからない。
つまり、本来「Give&Take」であるべきものが、「Take&Take」であるというマヤの天然魔性っぷりを裏付けている。

喫茶店を出た二人は別れる。

「嵐ヶ丘の舞台のあいだ、僕は幸せだったよ。ありがとう。」

まだ言うか。
そして去りゆくマヤの背を見ながら

「さようなら。キャシー・・・・」

まだ言うか。

一方のマヤは泣きながら走る。

「ごめんなさい真島君、あんなにいい人なのに・・・
桜小路君、今度の舞台にはどうして一度も来てくれないの?
会って話したいことがいっぱいたまってる・・・
桜小路君・・・・」

結論すべてマヤの自己都合である。
客観的に見て振り回されているのは桜小路君だと思うのだが。。。
天然魔性女、恐るべしである。

そして翌日。いよいよ千秋楽。

「いよいよ千秋楽だ。
これが成功したら次がやりやすくなる。張り切るぞ!」

支度をしながら張り切る青木麗。
「頑張るぞ」はよく聞くが「張り切るぞ!」というのは珍しい。

当初いやいやながらも男役になり、
公演中にも女性ファンに囲まれ複雑な気持ちだった麗も
いよいよふっきれた感がある。

一方のマヤにはお客さんが来ていた。

なんと横浜の悪名高き中華料理店・万福軒の娘、杉子だ。
劇団つきかげが潰れてからマヤの行方がわからず、ようやく見つけたらしい。

「いい?マヤちゃん、これから話すことをよくきいてちょうだい」

  • マヤの母さんが行方不明
  • 去年の秋ごろから胸を患い、今年に入ってからは寝たきりだった
  • この前店をやめて、山梨の結核療養所へ。
  • しかし三日前、行方不明になったと療養所から連絡が来た
  • マヤに会いにこっちに来ているのではないかと。

「マヤちゃん、おばさんの行方に心あたりはないの?」

「ううん・・・母さん行くところなんてどこにもないもの・・」

衝撃のあまり杉子に持たれてしまうマヤ。
この二人こんなに仲良かったか?
杉子さんもしばらく見ないうちにいい人になってる。

しかしマヤの母親。
意を決して退職、療養所入りを決めたにもかかわらず、
早々に行方不明になるとはどういうことなのか。

やはり列車の中でマヤが活躍している週刊誌の記事を見たことで
いてもたってもいられなくなったのであろうか。

本当にこの話、本番前には何かが起こる。

つづく

 - あらすじ・ネタバレ注意, 第9巻・舞台あらし(3)