「椿姫」ガラスの仮面・劇中作品データ

      2017/02/03

Pocket

新春特別大公演
作:デュマ・フィス
出演:
椿姫・姫川歌子
アルフレッド・黒木義郎
その他豪華キャスト
演出:不明
劇場:東京大都劇場
主な観客:北島マヤ・月影千草・姫川亜弓・姫川監督

マヤが生まれて始めた本格的演劇である。
もともとはマヤ母娘が住み込んでいる中華料理屋万福軒の娘・杉子が
BFの松本君に誘われ観に行く予定だったのだが、
椿姫見たさに大晦日の年越しそばの配達ノルマを達成し、
挙げ句の果てには真冬の海に飛び込むという
罰ゲームのような展開を経て見事マヤがチケットをゲットしたのだった。

椿姫は実在する小説ならびにオペラで国内外でも多く舞台化・映画化されているが
非常にそのストーリーは中学生には難解なのではないか。
椿姫を見たがるマヤ、そして杉子とのデートに椿姫を選んだ松本君のセンスがよくわからない。

劇自体は生オーケストラによる演奏で、大階段を模したような豪華セット。
主演は大女優・姫川歌子。その他豪華キャストとのことだが、その他一絡げなあたり、豪華そうではない。

この劇場では運命的な出会いが待っている。
マヤの宿命のライバル・姫川亜弓は
今回の主演・姫川歌子の娘であり、
父の映画監督姫川氏と共に観劇に訪れている。
劇場内の口さがない業界事情に通じた観客からも、
その美貌と才能、サラブレッド感と将来性を絶賛されているのだ。

また、観客ではないが大都劇場を経営する
大都芸能の速水真澄ともマヤは出会っている。
劇場内の串さがない業界事情に通じた観客からも、
その仕事っぷりとイケメンぶりを噂されている。

そして後にマヤの師匠となる月影千草も劇場に。
月影先生の場合は、芝居を見に来たのか、
以前から目をつけていたマヤを見に来たのかはよくわからないが。

はっきり言ってあまり面白くなさそうな芝居なのだが、
その壮大なスケールと予算感はマヤを圧倒し、
マヤの演劇への憧れと情熱をさらに掻立てる。

そして後日月影邸にて、椿姫の芝居を、
セリフを一言も間違えずに一人で演じきるという離れ業を演じ、
月影先生の記念すべき第一回「恐ろしい子!」発言へとつながり、
マヤの演劇界への道が開けたのだった。

月影先生は以前にも偶然街中で見かけたマヤの才能に一目惚れし、
ストーカーのようにマヤを見張り続けていた。
万福軒にラーメンを食べに来るというニアミスすら行っている。
椿姫を観劇していなくてもマヤは月影先生にスカウトされたであろうが、
姫川亜弓と速水真澄と出会ったことが後のストーリー展開の布石となり、
そして椿姫を一人再演するという手土産を持ってきたからこそ
未経験ながらも劇団つきかげの特待生となれたのかもしれない。

もし椿姫を見に行っていなければ、
スカウトはされても、特待待遇となることはなく、
他の通所の劇団員たちに埋もれ、才能は見出されることなく、
金銭的理由からマヤは演劇を断念し、
横浜から出ていなかった可能性もある。

真冬の海にダイビングしたあの一瞬の情熱が
まさにマヤの運命を切り開いたのであろう。

 - ガラスの仮面・劇中作品データ